2019年最初の海洋散骨です

今年一番の海洋散骨は、神戸市の港から出港し神戸沖での散骨です。

今年は暖冬のせいか、1月にしてはここ近年珍しいくらいのポカポカ陽気の散骨日和。

献花のお花をご家族がお持ちいただくBプランでしたので、散骨海域に到着するまでに、船上でみなさんでお花を花弁にする作業を仲良くされていました。

うねりもなく、穏やかな水面にキラキラと太陽の光が降り注ぐ中、散骨が始まりました。

神戸三宮を望む海域で、故人のお孫様も揃っての送り出し。

最後に、お孫様が故人おじいさまに送るお手紙を読まれた時は、胸がいっぱいになりました。

>>散骨日誌 一覧ページに戻る

散骨 関西 Aクルーズへのお問い合わせ